2011年12月09日

ダブル問責に首相苦慮=小幅改造で交代か 確か?

今日も気になる題材を簡単にいってみましたんですが・・・
なになに在れって仕切りをいれたくなるって?
ダブル問責に首相苦慮=小幅改造で交代か 確か? のことを下調べ内閣人事も不憫などなど・・・

☆★☆

ダブル問責に首相苦慮=小幅改造で交代か
時事通信 12月7日(水)20時35分配信

一川保夫防衛相と山岡賢次消費者担当相に対する問責決議案が今国会会期末の9日に参院に提出される。一川氏の可決は確実、山岡氏は可決の公算が大きくなったが、問責決議に法的拘束力はなく、野田佳彦首相は問責が可決されても両氏を続投させる意向だ。しかし、野党側は年明けの通常国会での審議に応じない構え。結局、両氏を事実上更迭する小幅の内閣改造に踏み切るしかないとの見方も出ており、首相は対応に苦慮しそうだ。

昨年11月、当時の仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件への対応をめぐり問責決議を受けたが、菅直人首相は直ちに仙谷氏らを更迭せず、今年1月の内閣改造で退任させた。こうした先例を踏まえ、民主党内には「仙谷、馬淵パターンの小幅の内閣改造ではないか」との臆測が広がりつつある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111207-00000158-jij-pol

★☆★

今年、マスマス動きがのぼり雰囲気で好都合な進捗状況ってぼちぼちです。
こんな感じで、どうなっているのやら。
ボンジュール〜


台風や地震などの自然災害において、所有している自家用車が水没してしまって困っているケースが数多く見られます。このような時、廃車にするのではなく車の状態によっては値段が付き買い取ることができます。水没車の高価売却見積り水没車の高価一括査定また水没車の高価売却申し込み水没車の高価売却査定など、そして水没車の高価売却査定といったことで悩んでいる場合は一度一括査定をして見ましょう。面倒もなく料金もかかりません。申し込みもネットで簡単に完了します。
昨日の一考
今の修学
今の復習
posted by ようたh418 at 10:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。